英会話で使われる単語

ネイティブが知っている英単語数、つまりアメリカなどで生活をしているネイティブの頭の中には、いったいどれくらいの単語数があるのでしょうか。

とある統計によると、小学校に入るくらいの子供で4,000~5,000語。大学生くらいになると、2万語前後の語彙量があると出ています。言い回しやスラングなども含めていくと、4万語あたりではないでしょうか。

これを多いと感じる人もいるでしょう。しかし、日本人の日本語の語彙数も大学生レベルで5万語前後と言われています。どの言語であろうと、ほぼ同じくらいの語彙数をもっていれば生活の上で支障をきたすこともなく、ある程度の難しい話でも十分加われます。

一度、自分の勉強に使っている単語帳の語彙数を確認してみて下さい。3,000語だとか、4,000語だとか、うまく詰め込まれた単語帳でも1万語弱です。

その単語帳を一冊まるまる覚えても、ネイティブの小学生にも劣る会話しかできないのだろうか、小学校の高学年の子の話なんて全く理解できないんだろうか、と思うかもしれません。

ですが、この語彙の中には誰もが知っているような、catやdogといった語も含まれています。知らないようで知っているはずです。英語は苦手だったという人でも、3,000語程度の語彙量はもうすでに持っているのです。

自分の持っている単語帳のほとんどが、見たことのない単語なのであれば全て覚え切ることによって、ネイティブの高校生くらいまでならば到達できます。

単語の覚え方は様々ですが、やはり覚えるしかないのです。

英検1級合格に必要な語彙数は、15,000語と言われています。レベル分けされた単語帳で、数冊分の量にはなってしまいますが、英検合格が目標の方もそうでない方も、英会話には、これくらいの語彙数を身につける心構えで勉強することが必要です。

スポンサーリンク