【駅前留学方式】のコンテンツ一覧
  1. 英会話スクールのメリット
  2. 英会話スクールのデメリット
  3. 英会話スクールを決める基準

英会話スクールのデメリット

英会話スクールに通う人は、スクールは英語を教えてくれる所だと勘違いされている方が多いのではないでしょうか。

確かに、教科書を使う講座もありますし、内容によっては授業のような形式の場合もあります。

しかし、こういったスクールのネイティブ講師の全員が、言語教育の専門家ではありません。中には、言語教育を専門として実績を積んだネイティブもいますが、そういったネイティブに出会う確率は非常に低いです。

人に教えるというのはとても難しいことです。日本語を外国人に教えると想像したとき、どんなに苦労するか分かると思います。

その逆も同じで、言語教育を専門としていない単なるネイティブが、日本人に英語教育ができるでしょうか。

教科書に沿った会話練習や、練習問題の答えを教えることはできるでしょうが、日本人の「なぜ?」という疑問に的確に答え道を修正することは困難です。

また、グループレッスンという形式が多いため、ネイティブと英会話をする時間の割合は、講義全体の時間に対して少なくなってしまいます。

場合によっては、最初と最後にネイティブの指示があるだけで、時間のほとんどはクラスにいる日本人と会話練習をしているということにもなりかねません。

英語を口にすること自体は無駄ではなく、日本人相手としても重要ですが、せっかく料金を払って英会話スクールに行くのであれば、ネイティブと会話をしたいものです。

英会話スクールは、インプットの学習を十分にやった後に、アウトプットの練習の場として利用するのが良いでしょう。

スクールで英語を習うという受け身の気持ちで通っても、一向に英会話能力は向上しないという結果になってしまうことが考えられます。

スポンサーリンク