【マンツーマン方式】のコンテンツ一覧
  1. マンツーマンのメリット
  2. マンツーマンのデメリット

マンツーマンで英会話を習得するメリット

アウトプット練習のためには、マンツーマン形式の英会話スクールや、個人的に英語を教えているネイティブを探して利用する方法が最も練習に適しています。

授業の内容や教材から、時間、授業中の日本語の割合まで、自分のレベルや都合にあわせてカスタマイズできるのが大きな魅力です。

アウトプット練習なので、とにかく英語を口に出すことが重要です。
教科書を使ったロールプレイでも良いですし、教材にとらわれず一般的なおしゃべりでも良いです。

個人的に英会話を教えているネイティブは学歴が高い人が多いので、ビジネス関連の内容でアウトプット練習することもできるでしょう。

多人数でのグループレッスンだと、どうしても英語を口にする時間は短くなってしまいますし、日本人相手に会話をするということもあります。それでは自分が覚えてきた表現が使えるものなのかどうか、間違っているのかどうかを確認することができません。

仮に日本人同士の英会話で、相手が間違っている、自分が間違っているということに気がついたとしても、どのように訂正し、どう表現するのかを教えることはできないでしょう。それができるのであれば、英会話スクールには通っていないのですから。

ネイティブに友達がいるのであれば別ですが、料金を払ってマンツーマン授業をうけるのですから、時間にも制約があります。

限られた時間の中でどれだけアウトプットの練習ができるか、どれだけ英語を口にすることができるか、という部分が効果的な英会話練習になります。

そして、英会話の基礎が身についてきたと感じたら、その時はぜひグループレッスンも取り入れてみてください。

同じ目標を持った英会話仲間を作ることができたり、人前で英語を話すことに慣れたり、他の受講生から刺激を受けたり、マンツーマンにはないメリットも受けることができるでしょう。

スポンサーリンク