【英会話の勉強に役立つ音楽・映画】のコンテンツ一覧
  1. 質の良い洋楽
  2. 朗読を使うなら無理をするな
  3. 映画(DVD)の活用法

質の良い洋楽

リスニングの学習という点で見れば、ニュースを聞いたりネイティブと英会話するだけでなく、洋楽を使っても十分に訓練は可能です。

その際に、質の良い洋楽を聴かなければいけません。質の良い音楽というのは、発音の綺麗な洋楽です。

あまり激しい洋楽や、早い歌の場合、ネイティブでも歌詞カードを見なければ何を言っているのか不明という場合があります。

そういった洋楽を聴き取れるようになれば違うのかも知れませんが、そのような曲は純粋に楽しむだけに利用し、きちんと聞き取れる洋楽を聴き続けた方が効果的です。

綺麗な発音の歌手としておすすめしたいのは、カーペンターズです。
個人的に綺麗な発音と感じているだけで、別の歌手の方が発音が良いというものがあればそれを利用してください。

カーペンターズの曲は、どれもそれほど速い曲ではなく、語尾の子音までしっかり発音してくれているのが聞き取れます。

彼らの歌をひたすら聴き、一緒に歌って下さい。その際に、不慣れな方は歌詞を日本語にして、どんな内容の曲なのかをざっと頭に入れてください。

歌詞の内容が分からない曲を延々と聴いていても、自分の表現として使うこともできませんし、頭にも残りにくいです。

歌詞の意味をざっと理解し、何度か歌詞を見ながら歌っているうちに、見慣れない単語も聞けるようになってきます。勝手に口が動くようになるでしょう。

そうしたら後は歌詞カードを見ずに、全く同じように(歌えているような感じに)なるまで一緒に歌って下さい。

アルバム1枚分終わらせれば、発音もリスニングもかなり上達しているはずです。なによりカラオケでビックリされます。

スポンサーリンク