シャドーイングの目的

シャドーイングというテクニックをご存じでしょうか。

通訳として訓練される方も取り入れている方法で、聞こえてきた英会話を真似してしゃべっていく訓練です。

ネイティブの英会話を聞きながら、ワンテンポ遅れて追いかけるように口に出していきます。聞きながらしゃべるので、いくら同じ文だとしてもかなり難しい訓練方法です。

難易度的には最上級です。これが問題なくこなせるならば、英会話独学術のマスターは近いでしょう。

しかし、だからといって勉強の最終段階の勉強法であるとは言えません。単語や文法の勉強に飽きてきたと思った時に、この勉強法を取り入れてみて問題ありません。

シャドーイングが難しい理由は、英語が聞き取れない、聞き取れても口がついていかないなどといった障害があり、それらのどれか一つでも欠くことができないからです。

また、教材の英文を覚えてしまっても意味がありません。

確かに、豊富に英文を覚えれば、それは自分のデータベースに蓄積され、文を組み替えることで色々な英会話ができるようになります。例文を覚えるまで読み込んで、口に出してみるという練習方法は強力です。

しかし、シャドーイングの訓練の目的は、耳と口を鍛えると同時に、英文の構造を体にしみこませることです。一度挑戦してみれば分かりますが、どのように追いかけてしゃべっていけばよいか分からなくなってしまうでしょう。

単語ごとにシャドーイングするのか、1文聞き終わってシャドーイングするのか……きっとどちらのやり方もしっくりこないはずです。

ネイティブが話している英会話には、どんな長文でも必ず”間”があります。それがネイティブの体にしみこんでいる独特の”間”なのです。

それをいかに吸収し、同じように使っていけるかが能力アップの秘訣です。

スポンサーリンク