リピーティングという訓練方法

ある程度まで耳が英語に慣れたと感じたならば、リピーティングという訓練方法を試してみてください。なるべく覚えてしまっている文章がいいでしょう。

その音声を聞きながら、記憶を頼りに口に出すのではなく、聞こえた英文を口に出す訓練です。

覚えてしまっている文ならば、よほど発音を勘違いしていない限り聞き取れるでしょうから、後はいかにその発音に近く口から出せるか、いかに同じようなスピードで口に出せるかを、徹底的に練習してください。

できることなら、あまり長い文章の英会話教材は使用しないほうがいいでしょう。
長い文章だと、別のテクニックが必要になってしまうので、なるべく短い文章の英会話教材、または、長い文章であれば比較的スローな音声の英会話教材を選んでください。

リピーティングの効果として、耳と口を鍛えることもありますが、英語の回路を作る作業だと考えてください。英語を聞こえてくる頭の部分からその順番のまま英語で理解し、日本語を解せずに口にする。そのために必要な頭の回路です。

単なる音読であれば、ペースは自分の思うようにできるので、音読しながら実は頭の中では日本語が飛び交っているという状況の方も多いでしょう。

しかしリピーティングとなると、ペースは教材に従うしかありません。しかも、聞いて同じことを口に出すというのは想像以上に難しい作業で、これでは、頭の中で日本語が使われていたのでは追いつけなくなってしまうのです。

英語を聞きながら、口にしながら、可能な限りその文章を映像でイメージしながら訓練をするとより効果的です。

スポンサーリンク