苦手発音の克服

英会話で、日本人が苦手としている発音は何だと思いますか?

一つ一つの音が分かっていても、単語や文章として存在したときにどのような音になるかということを苦手としている人が非常に多いのです。こうして考えてみると、ほとんど全ての発音が苦手と言えるのではないでしょうか。

理由は、これらの音が正しくはどのように発音されるのかを耳と口が知らないためです。

これらの練習をするときに、発音記号を使って発音をまねてみるという練習が効果を出してきます。そのため、発音記号の習得も不可欠な要素です。

辞書には必ず発音記号が記載されており、カタカナで発音が記載されているものはほとんどありません。

同じアルファベットでも、単語や現在形、過去形といった状況下で発音は変わってしまいますが、発音記号は一度覚えてしまえば特定の条件で変化することはありません。

見知らぬ単語に出会い辞書で調べたときに、その意味だけでなく発音記号にまで目を通し理解できれば、その単語を正しく声に出すことができます。

英語には、声に出したときには発音されないアルファベットも存在します。
結局は、この単語のこの音は発音しないものと覚えることに変わりはありませんが、発音記号を理解して英会話学習を続けることで、初めて出会った単語の正しい発音が分かるようになってきます。

発音記号を解説したサイトもかなりありますので、ぜひ目を通してみてください。

スポンサーリンク