【英会話の発音について】のコンテンツ一覧
  1. 英会話における発音の重要性
  2. 非英語圏の英会話
  3. 英会話における筋肉の使い方
  4. 苦手発音の克服
  5. アクセントとイントネーションの重要性

アクセントとイントネーションの重要性

単語の勉強をしていると、「この単語のアクセントはここ」という印が付いていますが、それを意識して英会話学習を進めているでしょうか。

日本語は比較的抑揚の少ない言語です。同じ文字、例えば「はし」でも、イントネーションで意味合いは変わってきますが、アクセントに意識したことは少ないのではないでしょうか。

英会話において、このアクセントは非常に重要です。
もちろん、同じ英単語でもアクセントによって名詞や動詞に使い分けられるという理由もありますが、アクセントが英語のリズムを刻んでいるという理由が、スムーズな英会話になるかどうかの鍵となります。

「ほったいもいじるな」や「わら」。
聞いたことがあると思います。

「What time is it now?」や「water」を英語風な日本語で表したものです。
(What time is it now?よりはDo you have the time?の方が自然ですが)

様々な英語特有の変化、リエゾンやtの音がdになるといったようなことですが、それらを経て、こんな日本語に確かに聞こえます。

これは、アクセントやイントネーションの強い部分のみが耳に残るためです。
聞こえないだけで、本当はちゃんと子音の部分まで発音されているのですが、このアクセントとイントネーションの使い分けが、耳に残りやすいリズムとなっているのです。

特定の状況下で、例えばアメリカのハンバーガーショップでポテトを注文するときにPOTATOの「TA」の部分を極端に強調して発音すれば、前後はあいまいな事を言っても通じてしまいます。

店で、「・TA・」という発音の商品がPOTATOだということが解かるため通じてしまうだけなので、町中で突然使ってみても通じませんが、このように特定の状況下では通じてしまうというアクセントのパワーが感じられます。

スポンサーリンク