英会話における発音の重要性

英会話をするとき、どれほど発音の重要性があるのでしょう。

ほとんどネイティブと変わりないような発音なのか、それともいわゆる日本語英語のような発音でもよいのでしょうか・・・。

ネイティブ並である必要はありません。かといって日本語英語の発音は全くだめです。もちろん、ネイティブの発音に近ければベストなのですが、ネイティブの発音といっても、イギリス英語とアメリカ英語では違います。

ネイティブと全く同じレベルの発音ですと、かなり集中して矯正しなければ難しいかもしれませんが、ネイティブが問題なく理解できるレベルの発音になることは難しいことではないのです。

発音の基礎、口の開け方や舌の動かし方など、基本的な項目を理解し練習すれば、1ヶ月ほどで見違える発音になります。

肝心なことは、日本語発音は捨てることです。
学校の英語の授業で文章を読む際、恥ずかしさから日本語発音をしてしまう人は多かったと思います。ネイティブ風に発音すると逆にからかわれたりして、どんどん悪循環に陥ってしまいます。こういった風潮は良くありません。

正しく、母音・子音を意識しながら話す練習をしなければ、全く使えない英会話になってしまいます。プライドの高いネイティブですと、いくら文法が正しく丁寧な英語を使おうと、発音が悪いだけで相手にすらしてもらえないことも多々あります。

各国の代表がスピーチをする場でも、日本語英語の発音は非常に聞き苦しいものです。かといって、やたら巻き舌を多用するような英語も品がありません。

パーフェクトを目指さなくても良いので、正しい音を覚え、変な癖や日本語英語の発音から脱却することに目標を置いて英会話学習を進めて下さい。

スポンサーリンク