英会話の文法は難しくない

文法の勉強というと、どうしても敬遠してしまう人が多いのは事実です。

英語の授業でさせられた文法の勉強を思い出してしまうようで、不可解な構文を覚えさせられたり、沢山の「~用法」という混同してしまいそうな法則を覚えさせられたり、とにかく難解で記憶することを課せられたという思い出があるのでしょう。

「文法の理解」は重要です。
日本語は、多少の文法の崩れがあっても理解できてしまう言語ですが、英語ではそうはいきません。一見崩れているようでも、文法を理解して崩さなければ話すことも聞くこともできません。

しかし、本当に複雑な文法を無理して覚える必要はないのです。
理由の一つは、複雑な文法も、結局は簡単な文法の固まりであり、基礎を固めることで理解が深まるということ。そしてもう一つは、高度な文学書や英語の構造そのものを勉強する道に進むのでなければ、日常の英会話で難しい文法は使われないということです。

受動態、能動態と言った文法の単元に聞き覚えがあるかと思いますが、英会話において、受動態、つまり受け身の形の文法はほとんど使われません。使われる場合にはそれなりの理由があり、受動態で表現する以外に無いという場合だけです。

では、文法の勉強とは何を指すのか…?

それは、「疑問文にするときの語順はどうなるか」、「一般動詞の時はどのような疑問詞を使うのか」、「5W1Hの使い方はどうなのか」、といったようなことです。

もう知っていると思う人もいるかもしれませんね。
でももう一度、こういった基礎の文法を勉強し直して下さい。

実は、英会話における文法の勉強はとても簡単なことなのです。

簡単なことだからこそ、文法書を見なくても瞬間的に会話文が形成でき、口から出てくるようになるまで自分のものにしなくては、英会話のスピードに負けてしまうのです。

スポンサーリンク